RECOMMEND
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ILLYA Blog

ハンドスタンドの成功の道。
0
    其の546〜


    おはようございますおはよう〓〓〓〓



    今週は「明日になることは今日明かすべきです」と言う話しをします。


    ある話しを思い出しました。
    ある太っていた男の子がフットボールが好きでたまらなかったが、走るとすぐバテて、大きいわりに体力がなく、フットボールを諦めるようによく言われました。

    しかし、プレーができなくても、まずはチームに加われるぐらいの強さを身に付けるように決心しました。日々、公園に走ること。フットボールチームで見掛けたあらゆる動作を日常生活に取り入れた。
    少しずつ、走るのがいやではなくなった。大変だった、腕立て伏せ、スクァット、ジグザグスプリント等々が当たり前でした。日々の運動とともによくフットボールチームの練習を見て、あっという間フットボールチームのプレーを分かるようになりました。

    もちろん、フットボールチームに参加するには、点数が良くなかったら、参加できないことも分かりましたので良く勉強しました。


    チームに加わる為のテストの日、誰にも例の男の子が誰だったかを知らなかった。身体の作り上げた状態のわりに静かに目立とうとしない振る舞えしていたが、皆が注意を払いました。その男の子は高校のチームを後半の学校人生とはいえ、大学にフットボールのために呼ばれて、プロになりチャンピオンチームにも加わることができた。『どうして、そこまでできた?』と聞かれた時に、こう言いました、「チャンピオンのために走ったり、運動したりしなかった。フットボールがある程度できるために走ったり、身体作り上げたりしました。できることからまだできることまで頻繁に繰り返しした結果が今になっただけです」。


    私たちにも同じく、明日になることは今日行動を通して明かすべきです。


    良き続きを。


    イリヤ

    ALL TEMPO'S PRODUCTION 1867 Ltd.
    09015482403
    atp1867@aol.com
    illya.1867@docomo.ne.jp
    http://illya.net/index.html
    http://illya.net/mobile/index.html
    有限会社ALL TEMPO'S PRODUCTION1867
    千葉県浦安市北栄4-17-34パークハイム北栄 303
    〒279-0002
    https://youyou.be/ATgv8YX2Wo8
    mormon.org
    | - | 11:23 | comments(0) | - | - | - |
    ハンドスタンドの成功の道。
    0
      其の545〜


      こんにちは〓〓



      今週は「私は何の力によって何事でもすることができる?」と言う話しをします。


      何の力でしょうね!?

      「継続は力なり」とよく言います。
      しかし私が思うのは「継続が力」。


      継続する努力は何でも克服ができますと思う。

      もちろん、ただただやる気だけで何かなると思わないで欲しい。

      質の良い行動。
      効率的な努力。
      価値の高い、確かに結果が出る頑張りによっての話しです。


      今からでも、より良い役に立つと確信している行いを日常の習慣として取り入れてください。上記に書いたものを頻繁にすることより良い結果が少しずつよく見えてきます。


      過程に信頼して動き続けるように勧めます。


      イリヤ

      ALL TEMPO'S PRODUCTION 1867 Ltd.
      0473507862
      0473507882
      09015482403
      atp1867@aol.com
      illya.1867@docomo.ne.jp
      http://illya.net/index.html
      http://illya.net/mobile/index.html
      有限会社ALL TEMPO'S PRODUCTION1867
      千葉県浦安市北栄4-17-34パークハイム北栄 303
      〒279-0002
      https://youyou.be/ATgv8YX2Wo8
      mormon.org
      | - | 13:52 | comments(0) | - | - | - |
      ハンドスタンドの成功の道。
      0
        image0038.jpg
        其の544〜


        こんにちは〓〓



        今週は「楽ではないけど、やる価値がある」と言う話しをします。


        私が1人1人のトレーニングを行う時にいつかこう聞かれます、『いつになったら楽になる』?
        答えは、『楽になることを期待しない方がいい。大変な事に慣れて、やるのがいやではないように期待した方がいい。楽ではないけど、やる価値がある』から。


        私にとってそこが一番好きな部分です。トレーニングをすることが目的ではない。トレーニングを通して、その苦労によって成られるものが最高の目的。

        要するに、宝物を手に入れる為の苦労です。


        トレーニングは簡単。
        トレーニングを活かすことがはるかに難しい。何か身に付けたい技や技術があり、足らない柔軟性、体力、精神力、瞬発力、スピード、スタミナ等々を向上しないと行けない状況が一番好きです。身体作り上げだけなら継続とした努力さえすればいづれも身体が変えますが、才能、能力、技術的なものを引き上げるには、相当な苦労が必要。

        なぜなら、ただやるだけが足らない。調整が必要。質の良い繰り返しが必要。勇気が必要。

        身体作りよりも大変なのは、ほとんどの場合、身体作り上げしてからやる必要になるから。

        心身とも疲れた状態で挑むのですから。

        しかし、楽ではなくても、価値がすごくあるのでやることが正解。


        上達、向上、成長、成功したいなら楽ではない道を慣れて、成られるものになるようにしています。


        進化つつありますように。

        イリヤ

        ALL TEMPO'S PRODUCTION 1867 Ltd.
        09015482403
        atp1867@aol.com
        illya.1867@docomo.ne.jp
        http://illya.net/index.html
        http://illya.net/mobile/index.html
        有限会社ALL TEMPO'S PRODUCTION1867
        千葉県浦安市北栄4-17-34パークハイム北栄 303
        〒279-0002
        https://youyou.be/ATgv8YX2Wo8
        mormon.org
        | - | 10:26 | comments(0) | - | - | - |
        ハンドスタンドの成功の道。
        0
          其の543〜


          今晩は〓〓



          今週は「燃え続けるように」と言う話しをします。


          友達の中でも、1人が経験と共にさらに燃えるようになった唯一の1人がいる。すごく不思議な人物です。初めて会った前にほとんど全て彼を知って、私のことを知った人々がこう言いました、「何だか、ラスみたいですね」、「ラスの力持ちの躍り形ですね」、外見が違うけど、なとなく友達のラスに似ている」等々の類いのコメントばっかりでした。ちょうどラスに会う前に1人の仲が良い友達が言った、「きっとあなたたちがすごく良い友達になるよ」。
          その通りでした。ダンススタイルと身体の形が似ていたのでよく一緒に仕事することになりました。
          しかし、ダンスの友だけではなく、家族になりました。その訳は二人とも、「燃え続けるように」日常生活のあらゆる面で取り込みをしました。
          人間以外の強い信仰を持つようにしています。
          武術を子供の頃からやっている。
          日々の心技体の極めを挑む。
          ダンスはただ仕事のためだけに踊らない。
          家族、友達を大事にしています。
          健康第一のために栄養、休息を気を付けています。
          日々に勉強、研究する。
          日々に弱いところ、強いところをなるべく研き上げるようにしています。
          二人とも、時間と野心さえあれば、できないことはないように触れ舞う。


          どうして二人が似ているか、最近良く分かりました。私達はあきらめたくても課題を達成するまでしない。

          他の1人が自分と同じように成長、上達、向上、進化をすることに人生をかけるを知り、良い刺激になります。


          より良い…


          そこが私達の底力を引き出す鍵です。


          みんなにも、燃え続けるように願います〓


          イリヤ

          ALL TEMPO'S PRODUCTION 1867 Ltd.
          09015482403
          atp1867@aol.com
          illya.1867@docomo.ne.jp
          http://illya.net/index.html
          http://illya.net/mobile/index.html
          有限会社ALL TEMPO'S PRODUCTION1867
          千葉県浦安市北栄4-17-34パークハイム北栄 303
          〒279-0002
          https://youyou.be/ATgv8YX2Wo8
          mormon.org
          | - | 19:34 | comments(0) | - | - | - |
          ハンドスタンドの成功の道。
          0
            其の542〜


            こんにちは〓〓〓



            今週は「下から上に上がります」と言う話しをします。


            最近、自分はどうして周りより変わっていると考えることをよくします。

            多分、第一の理由が周りより自分を信頼しています。周りが歩きながらスマフォンをやるならやらないことをします。
            周りが目を合わせずに話しをするなら、目を見てはなす。
            周りが継続的な努力をしないで成功しようとするなら継続に努力して成功望みます。

            本当にあらゆる場合でも、周りがやっているならその逆をすれば最低、成長率が高めます。

            どうしてそう思うようになりました?


            周りの人々は時代とともに変わりましたようです。

            物があふれる前に命があふれる時代がありました。その当時、下から上に上がることが唯一の道でした。

            勝つことよりも、勝つための過程が大事でした。

            物を手に入れるよりも、手に入れるための努力の方が宝物でした。


            好きなストーリーを何年前に聞いてよく思い出します。

            ある老人は若者に出逢った。若者が尋ねました、「どうやってこの世で偉大になりますか?」。
            老人はこう答えました、「この岩を押し続けてください」。
            若者が岩を押しました。その日、力を尽きるまでに押しました。
            身動きをとれるようになりましたら老人のもとに戻りこう言いました。「押しましたが。。。動かすことができませんでした」。
            老人が若者を眺めてこう言いました、「岩を動かしてと言いませんでした。岩を押し続けてと言いました。偉大になるには、押し続ける力だけで良い」。


            日常生活のあらゆる面でも踏ん張り続けますように願います。


            イリヤ


            ALL TEMPO'S PRODUCTION 1867 Ltd.
            09015482403
            atp1867@aol.com
            illya.1867@docomo.ne.jp
            http://illya.net/index.html
            http://illya.net/mobile/index.html
            有限会社ALL TEMPO'S PRODUCTION1867
            千葉県浦安市北栄4-17-34パークハイム北栄 303
            〒279-0002
            https://youyou.be/ATgv8YX2Wo8
            | - | 16:52 | comments(0) | - | - | - |